人間関係

聞き上手な女子になるには?男子からのアドバイス

会話が苦手でどの様に話したら良いか分からない。。。

変な事や行動で相手に不快になって欲しくない。

大好きな彼に聞き上手な女子と思われたい!!

そんな聞き上手な女子になるにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは男子である僕がそのような女子にアドバイスをしていきます。

聞き上手な女子になるにはこのようなテクニックを習得せよ

聞き上手な女子になるには話す内容に合わせて表情を変える

嬉しかった話、悲しかった話、ムカついた話など内容は様々ですよね?

その内容に合わせた表情設定をした方がいいです。

例えば嬉しかった話をしているのに暗い表情をしていたらどうでしょう?

どんよりした気持ちになりますよね?

逆に悲しかった話をしているのに楽しそうな表情をしていたら不快になると思います

このように聞き上手な女子になる為には話の内容によって表情も変化させることを意識した方が良いです。

また思った事がそのまま顔に出やすい人は注意が必要です。

何故なら例えば「この話つまらないなー」とか思った時に無意識につまらなそうな顔をしてしまう恐れになるからです。

いつの間に眉間にしわを寄せたしかめた顔で話を聞いていたなんて事になるなんて事にならないようしましょう。

表情表現が苦手な人は鏡で練習するのがおすすめです。

聞き上手な女子になるには否定的になる言葉は使わない方がいい

人は「それ分かる!」「うんうん。そうだよね~」と共感されたい生き物です。

よく悩みなどは聞いて貰っただけでスッキリしますよね?

それは共感してもらいたいからです。

例えば

男子「〇〇にあるラーメン屋行ったんだけど、あそこのラーメン美味かったなぁ~!」

というのに対して

女子「私あそこのラーメン苦手なんだよねー」とか言われたらどうでしょう?

男子は共感や「どんなラーメンだったの!?」といった興味を沸かせた反応を求めていたはずです。

そこへ否定的な返しをされた事で不快な気持ちになるのです。

もし何らかの会話の中で「そこは違うんじゃないかな?」と自己主張したい場合には言葉を選びオブラートに包んでやんわり言ってあげると良いでしょう。

「でも」「だって」「けど」というのは否定的になるので使わない方が良いです。

僕も筋トレが趣味なんですが、女子に「筋トレしてる人って何目指してるのって思っちゃう。」とか「鍛えたところで誰に体見せるの?」とか言われた時には微妙な気持ちになりました汗

聞き上手な女子になるには自分の話ばかりしないようにする

人は誰しも自分の話を聞いてもらいたいという気持ちがあります。

会話ではなく演説のようになるのは辞めましょう。

学校とかでも校長先生の挨拶とか長くて苦痛じゃありませんでしたか?

なので自分の話は適度になるようにしましょう。

また自分の話しかしないと「自分の事には興味ないのかな?」と思われてしまいます。

なので「〇〇はどう思う?」などと話を聞いてあげましょう。

キャッチボールはお互いに球を投げては受けの繰り返しですよね?

ただ一方通行で球を投げ続けたりはしませんよね?

それは「あなたはずっと球を受けてなさい」という意思表示になります。

自己中ということになるのです。

自分の話をしてもいいですがバランスが大事です。

聞き上手な女子になるには顔を見て話を聞くようにする

例えばスマホなどをいじりながら話を聞かれていたらどう思いますか?

「つまらないのかなぁ?」と思ってしまいますよね?

また目を逸らして話を聞くのも一緒です。

ただし相手の目を見て話すのが苦手な女子もいますよね?

そういう場合は鼻や口、首元を見るなどなるべくストレスがかからない所を見て話を聞くようにしましょう。

僕も街コンの時に女子がつまらなそうにスマホをいじりながら話を聞いている人がいて微妙な気持ちになりました汗

多分「貴方には興味がない」という意思表示だったんでしょうねぇ~。

ただ好きな人にやってはいけませんよ?

聞き上手な女子になるには「あまくさの法則」を覚えよ

皆さんはあまくさの法則とはご存じですか?

あ=相槌

ま=まとめ

く=クエスチョン

さ=賛美

というものです。

つまり相槌を打つ事、話をまとめる事、質問する事、褒める事の意味を表しこれらは聞き上手な女子になるには重要なキーワードとなります。

これらについては下記の方で詳しくいます。

聞き上手な女子になるには相槌を使いこなそう(相槌)

ただ無言で話を聞くのは相手にプレッシャーをかけてしまうので「うんうん」「なるほど」「へ~!そうなんだぁ!」となるように適度に相槌を打つことが大切です。

他にはうんうんと顔を頷くような素振りをするように、衝撃的な話には「えー!」っと背中を仰け反らせて聞くようにするなど合わせると相手も「話を聞いてくれてる」と思うのです。

しかし外国人の方のようにオーバーに相槌を打つ必要はありません笑

間違っても腕や足を組まないようにしましょう。

偉そうに見えてしまいます。

また、あいずちの「さしすせそ」とはご存じでしょうか?

さ=さすが

し=知らなかった

す=すごい

せ=センスいい

そ=そうなんだ

というものです。

こちらも頭に入れておけば役立ちます。

あとは反復相槌というものもあります。

例えば、

男子「昨日〇〇のカレー食べに行ったんだ」

女子「え!〇〇のカレー食べたんだ!?」

という感じです。

ただしこちらは使いすぎたりするとただのオウム返しになり馬鹿にした印象や興味がないといった印象になる注意が必要です。

例えば

男子「昨日〇〇に行ったんだけどさ~」

女子「〇〇に行ったんだー」

男子「〇〇買っちゃったんだよね」

女子「〇〇買っちゃったんだ」

男子「〇〇円て聞いて高っ!って思ったんだけどどうしても欲しかったから買っちゃった♪」

女子「〇〇円て聞いて高っ!って思ったんだけどどうしても欲しかったから買っちゃったんだ?」

男子「さっきからリピートしてない?」

女子「さっきからリピートしてるんだ?」

男子「いやいや。。」

という感じです笑

聞き上手な女子になるには話をまとめて把握した事を伝えよ(まとめ)

相手の話をある程度聞いたら時折「つまり〇〇が〇〇になったってことね?」と話をまとめ相手に確認を取るようにすると印象をより良くする事が出来ます。

こうする事で相手に「ちゃんと話を聞いてるな」と思わせる事が出来ます。

その為にはちゃんと話を聞いていましょう。

ボーッっとしていてはダメですよ。

例えば

相手「〇〇で〇〇食べててさ~」

女子「なるほど~。つまり△△で✖✖食べたって事ね?」

相手「いや。。。全然違うんですけど。。。」

というような感じです笑

聞き上手な女子になるには質問上手(クエスチョン)になろう

ただ話を聞いているよりも時折質問するのも相手に「話に興味持ってもらえてる」と思わせる事が出来ます。

例えば相手「この前映画見に行ったよー!今話題の〇〇!」そこで女子「えーマジで!?どうだった!?」というようにです。

興味がありそうな感じに見えませんか?

またこのように時折質問を加える事により相手も返しやすくなります。

ですが過度な質問は辞めるようにしましょう。

尋問になってはいけません笑

女子「昨日何してたの?」

男子「昨日は買い物とかしてたよー」

女子「どこで?」

男子「〇〇だよー」

女子「何時何分何秒地球が何回廻った時?」←古い

男子「・・・。」

といった感じです。

聞き上手な女子になるには褒めまくれ(賛美)

誰でも褒められると嬉しいですよね。

上記でも書きましたが相槌のさしすせそが上手く使って行くといいですよ。

ただし感情のこもってないさしすせそは逆効果です。

例えば

男子「〇〇で〇〇だったんだー♪」

女子「へー。すごーい。」

男子「本当に凄いと思ってる。。?」

というような感じです笑

まとめ

いかがでしたでししょうか?

聞き上手な女子になる為にはこのようなテクニックがあるのです。

まとめますと

・話す内容に合わせて表情を変える

・否定的な言葉は使わない

・自分の話ばかりしない

・顔を見て話を聞く

・あまくさの法則を覚えよ

・相槌のさしすせそを覚えよ

です。

さあこれで貴方も会話名人!!

最後まで読んで下さり有難う御座いました。

-人間関係

© 2024 なかこーブログ Powered by AFFINGER5