人間関係

人前で話す事が苦手。その心理と克服法

人前で話す事が苦手な人、いるんじゃないでしょうか?

中には話す事で緊張してしまい赤面してしまう人もいるかと思います。

そこで今回は「人前で話す事が苦手。その心理と克服法」と題しまして、具体的な方法を詳しく書いていきます。

何故人前で話す事が苦手なのか?その心理とは?

人前で話す事が苦手で慣れていないから

人は慣れていない事、苦手な事をしようとすると緊張する傾向があります。

なので単純に人前で話すのが苦手で慣れていないのです。

僕も中学まで野球をやっていましたが中総体のような大きい舞台では緊張しました。

足が震える程にです。

それは、慣れていないからなんですね。

そのような事と同じ心理なんです。

人前で話す苦手意識を克服する方法は?

場数を踏む

人前で話す機会を意識的に多くして、場数を踏む事です。

場数を踏めば当然人前で話す事も慣れてきます。

人前で話すのが苦手ならまずは挨拶から始めてみよう

挨拶なら会話をするよりはハードルが低いですよね?

まずは挨拶を積極的にするようにしましょう。

緊張しないで挨拶出来るようになったら会話を積極的にしていく

挨拶が出来るようになったら次は会話を積極的にしていきます。

例えば挨拶から会話には繋げやすいと思います。

長話をする必要はありません。

意識的に一言、二言声をかけるようにしましょう。

「今日は天気良いですね」でも良いですし、テレビで見た話題になっている事でもかまいません。

そのようにして場数を踏んでいくことが大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめますと、

・人前で話すのが苦手なのは慣れていないから。

・克服する為には場数を踏む事が大事。

まずは挨拶が緊張しないで出来るようにする。

慣れてきたら一言、二言かけるようにする。

天気の話でも良いですし、テレビで話題になった事でもいい。

これで人前で話す事を克服出来るといいですね。

それでは今回は「人前で話す事が苦手。その心理と克服法」と題しまして具体的な方法を書いていきました。

最後まで読んで頂き有難う御座いました。

-人間関係

© 2024 なかこーブログ Powered by AFFINGER5