職場関係

出世を狙っていないのなら、仕事はほどほどに頑張るのがいい

皆さんは仕事は積極的に頑張る方ですか?

それともほどほどに仕事を頑張る方ですか?

積極的に仕事を頑張る人は尊敬しますよね。

しかし特に出世を目指していなくて、どんなに頑張っても給料が一緒ならほどほどに仕事を頑張るのがいいのでは?

今回は、「出世を狙っていないのなら、仕事はほどほどに頑張るのがいい」と題しまして、詳しく書いていきます。

仕事はほどほどに頑張るのがいい理由

仕事を頑張ったところで給料は一緒

例えば、同じ仕事をしていても、積極的に頑張ってるAさんがいるとします。

ところがBさんは最低限の仕事しかしません。

こんなに差があるのに給料は一緒なんです。

それなら積極的に頑張るのって無意味な気がしませんか?

勿論、積極的に仕事を頑張れば、他人の評価は良いと思いますが、お金には反映しないのです。

だったら力を抜けるところは抜いて、仕事はほどほどに頑張るのがいいと思います。

ただでさえ仕事はストレスが溜まりやすいのに、全力で頑張っていては、追い打ちをかけるだけです。

あからさまに仕事を頑張らないのはNGです。

最悪、減給や解雇になってしまうので注意しましょう。

仕事は積極的にこなすと頼りにされる

例えば、もう定年退職してしまいましたが、僕のとある上司は仕事に凄い熱心な方だったんです。

積極的に仕事をこなし、暇な時間も進んで、何かやる事がないかを探して、仕事を頑張るのです。

僕もよく隙間時間は、自分の業務ではない草むしりや草花の手入れ、掃除など手伝わされました。

そのような積極性から周りの人に頼りにされるようになり、なんでも頼まれてはやるようになっていました。

勿論、積極的に自ら進んで、仕事を見つけて頑張る上司を見て尊敬しました。

しかしいくらそのように気を利かせて仕事を頑張ったところで、疲れるし、給料は一緒なのです。

しかも「あれもやってほしい」「これもやってほしい」と周りからは頼りにされています。

やらなくてもいい仕事を積極的にやるのは体力の無駄遣いな気がします。

このように、積極的に仕事を頑張るのは、周りから頼られ、なんでも仕事の依頼が来てしまいます。

「あの人ならやってくれる」と思われるのです。

仕事を積極的に頑張ると疲労が重なる

やはり人1倍仕事を頑張るのは、疲労が上乗せされます。

そのような体力があるのであれば、他の事に使いたいです。

例えば僕だったら、ブログを書く為、筋トレ、有酸素運動する為の気力に残しておきたいですね。

ただでさえ仕事終わってからブログ書いたり、筋トレなどをするのは大変です。

やはり仕事は毎日、負担をなるべく少なくしてやるのがベストだと思います。

プライベートにまで差し支える位仕事は頑張らなくてもいいと思います。

出世を目指すなら仕事はバリバリ頑張ったほうがいい

勿論出世を目指すなら周りの評価を上げる為にバリバリ頑張る方がいいと思います。

僕は特に出世は目指していません。

出世して管理職に就いたら色々と責任や業務も増えて大変ですし、僕の場合は他にも理由があります。

ほどほどに仕事で頑張って、それなりにお金を頂けたらいいと思ってます。

まとめ

・仕事を人1倍頑張った所で給料は一緒。

・抜けるところは抜いて仕事をする。

・あからさまに仕事をしないのはNG。

・仕事は積極的に取り組むと周りから「あれもやって」「これもやって」と頼りにされてしまい、余計な仕事が増える。

・プライベートに差し支えるほど頑張らなくていい。

・出世を目指すならばりばり仕事を頑張るほうがいい。

いいかがだったでしょうか?

それでは今回は「出世を狙っていないのなら、仕事はほどほどに頑張るのがいい」と題しまして、詳しく書いていきました。

最後まで読んで頂き、有難うございました。

-職場関係

© 2024 なかこーブログ Powered by AFFINGER5