人間関係

恨みを買う人の特徴

こんにちは。

なかこーです。

世の中には、無意識に人に恨まれるような事をしている人がいます。

今回は恨みを買う人の特徴と題しまして、詳しく書いていきます。

他人を否定する人

人は、他人に認められたい生き物です。

しかし、自分の行動、発言を否定されたら「ムッ」としませんか?

僕の周りでも、言葉を選ばずストレートに、

「そんなの意味ない」「そういうやり方じゃダメだ」と

否定してくる人がいます。

僕だったら、「それは違うんじゃないかな?」と思った時には、

相手を傷付けないように、言葉を選んで意見するようにします。

頭ごなしに「ダメダメ」と否定されては気分が悪いです。

なんだか馬鹿にされているような気分になりませんか?

僕は結構根に持つタイプなので、

そのような事が起きたら、しばらくイラついています。

自分をいつも信じて、自分が適切だと思っている人

こういう人は自己主張が強く、相手の意見を聞かない人が多いです。

自己主張ばかりするのは、ただのわがままですよね?

恨みを買う確率を下げる為にも、相手の意見も聞く思いやりも大事です。

自慢する人

自慢は妬みの原因になります。

例えば「この服〇〇万円したんだけどさぁ、買っちゃった。」とか、

「来週は恋人と旅行行くんだ」などの自慢話ですね。

そこで相手は「いいなぁ。自分もあんな高い服着てみたい。」

「自分も恋人作って旅行などに行きたい」

という気持ちから、羨ましい、妬ましいといった感情が出てくるのです。

それに、自慢はマウントを取られているようでムカつきませんか?

また、他人の話に興味ある人はません。

心情的になりやすい人

特に怒りやすい人は恨みを買う確率は高いです。

大きな声で、言葉遣いを荒げるなどですね。

そのような高圧的な態度を取られると、イラつきます。

また、怒らなくても顔に出る人いますよね?

嫌な時は、つい眉間にしわを寄せてしまっている人いませんか?

嫌そうな顔をしていたら、不快感を与えてしまいます。

ポーカーフェイスを意識しましょう。

嘘をつく人

嘘をつくということは、ダマすということです。

ダマされて気分のいい人なんかいませんよね?

僕の周りでも、よく嘘をつく人がいます。

「明らかに嘘だろ」と思われるような事でも平気で嘘をついてきます。

会話も成り立たなくなるし、ムカついてきます。

人の物に余計な手出しをする

例えば人の恋人に手を出されたら非常に憎いです。

浮気、不倫。

実際このような事が原因で殺人事件も沢山起こっています。

なんたって、パートナーは裏切られてしまったんですからね。

このような恋愛系は、かなり恨みが強くなる傾向があるので、

気をつけましょう。

僕の周りでも不倫などを平気でやってる人がいます。

そのパートナーは本当に気の毒だなと思います。

他には、「相手の仕事を取る」なども恨みを買う恐れがあるので気をつけるべきです。

仕事はお金に関わってきますからね。

他には、当たり前ですが私物を盗むなんてのは、恨まれるのは決まりきった事です。

僕も小さい時、友達のトレーディングカードを盗んだことがあります汗。

嫌がらせをする

相手の嫌がる事を、面白半分でやる人がいます。

何らかの事で、溜めたストレスを発散させようと、

無意識に嫌がらせをする人がいるのです。

例えば相手をいじったりする事です。

馬鹿にした口調で相手を否定したりするのは恨みを買う可能性があります。

僕も過去に、天然な友達の事をいじって反応を楽しんでいたことがあります。

性格が悪いですよね。。

その友達は限界に達してしまい、SNSや着信など全て拒否されてしまいました。

今も連絡を取れない状態です。

本当に後悔しています。

他には殴ったりするなどの行為は、相手に相当なストレスを与えます。

これは当たり前です。

ふざけて相手に蹴りを入れたり、締め技をかけたりする人いませんか?

これらは恨みの強さが大きくなりやすいので注意です。

借りた物を返さない

僕も友達に貸したまま、返ってこないのがいくつかあります。

返してと催促しても「忘れてた」とか理由をつけて中々返してくれません。

子供の頃は、よくゲームソフトを借りパクされました。

逆に借りパクした事もあります汗。

借りた物を返さないのは、盗んだ事と一緒なのです。

催促されたら早急に返しましょう。

仕事を押し付ける

これは最近、僕も被害がありました。

職場で上司(上司といっても定年になっていて嘱託の人)が草刈りをしようとしていたんです。

草刈りは自分達の業務ではないので、やる必要はないんですが、

そのような事に進んで取り組むのは良い事だと思います。

が、それを人に押し付けるのは違います。

なんと上司が「草、刈ってくれ」と仕事を押し付けてきたのです。

この方は、いつも仕事をおしつけてきます。

僕は遠回しに断っていたのですが、あまりしつこいので、

「やろうと思った人がやればいいのでは?人にお願いするのではなく。」

と意見してしまいました。

かなりイラついていたのでちょっと強い口調でした。

なんだか「俺は上司だから下っ端のお前がやれ」と見下されているようで、

不快だったんです。

それに自分が提案したことは自分がやればいいのです。

何故なら相手に負担をかけるからです。

あそこで意見するのを我慢していたら、ずっとイラついていたので、

言ってよかったです。

現在、少しその上司との関係は気まずいものになっています汗

さいごに

人の恨みは時には殺人事件に発展します。

人に恨まれない意識を持つことが大切です。

今回は、恨みを買う人の特徴と題しまして、

詳しく書いていきました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-人間関係

© 2024 なかこーブログ Powered by AFFINGER5